7月1日以降に来訪される皆様は、出発前のPCRまたは抗原検査受検をお願いします

昨日、6月21日月曜日の午後5時から石垣市の中山義隆市長が教育委員会会議室において記者会見を開催しました。発表内容は「石垣市あんしん島旅プレミアム・パスポート記者発表」でした。


会見の中で、中山市長は、5月のゴールデンウィーク直後から市内で発生した爆発的な感染拡大により、陽性者の数が急激に増えて医療崩壊の直前にまで追い込まれ、やむなく市民や事業者、そして来訪者にも行動自粛をお願いしなければならず、非常事態宣言を発出するに至った状況を説明しました。


石垣市非常事態宣言は6月15日までで解除されましたが、市内の病院の状況は以前逼迫しており、沖縄県全域を対象とする緊急事態措置は7月11日まで延長になりました。現在、国内では、英国型(アルファ株)だけでなく、より感染力の強いインド型(デルタ株)などの変異株による感染も報告されていて、感染防止対策の手を緩めると再び島内で感染拡大が起きる可能性を否定できません。


石垣島は、これから7月、8月の夏の観光シーズンに突入します。本市と直行便で結ばれている東京、大阪、名古屋、福岡といった都市などから訪れる方が増えていくと予想しています。人の往来が増えると、感染拡大のリスクが増すと言われており、実効性のある対策によりなんとしても感染拡大を防止したいと考えています。


以上を踏まえ、本日、中山市長が「石垣市あんしん島旅プレミアム・パスポート制度」がまもなく7月1日からスタートすることを発表し、趣旨や概要を説明しました。この制度は、7月1日以降に来島する方に対して、出発72時間以内のPCRまたは抗原検査の受験をお願いする内容であり、石垣市新型コロナウイルス感染症等対策条例に基づいた措置として、観光客にも強く実施を要請しています。


感染防止と経済の両立を図り、安心とお得をセットでご提供するための新たな制度としての「石垣市あんしん島旅プレミアム・パスポート制度」へのご理解とご協力を、何卒よろしくお願いいたします。


(写真)記者発表で「石垣市あんしん島旅プレミアム・パスポート制度」を説明する中山石垣市長




石垣市新型コロナウイルス感染防止対策キャンペーン特設サイト

観光客の皆様に、石垣市の新型コロナウイルス感染対策に関する基本情報や最新情報をお知らせします。